介護保険法についての知識

介護保険法は、超高齢化社会に突き進む日本を支えるために、1997年に国会で制定されました。そして2000年4月1日から介護保険制度がスタートしました。この介護保険の保険者は原則として市町村・特別区で、その財源は公費と介護保険料が50%ずつです。介護保険の被保険者は市町村に住所がある40歳以上の者です。保険料は市町村によって異なり、また年齢で第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。介護保険の柱となるのが、介護サービスと介護報酬です。介護を必要とする高齢者は、介護認定を受ける必要があります。要支援、要介護の認定を受けると、その要介護度にもとづき給付サービスを受けることになります。要介護高齢者の急増で財源不足が深刻な問題となっており、介護保険法も何度か改正されてきました。消費税アップなど、介護保険制度を維持するための方策が、いろいろと検討されています。

none

最新記事

  • 介護保険法というのは、国が定めた公的な制度です。詳しく言うと、高齢者など一人で生活するのが困難な人に …

    続きはコチラ

  • 介護保険法による要介護者とは65歳以上の人があくまでも要介護状態にあればいいのに対して要介護状態にあ …

    続きはコチラ

  • 介護保険法は平成9年12月、高齢者が加齢により体が不自由になったり病気になることにより一人での日常生 …

    続きはコチラ